導入メリット産業創出

ものづくりの枠を超えるORiN


製造業の実績が、農業や医療の現場でも活かされます。

ORiNの代表的な用途は、①アプリケーション開発の効率化、②システムインテグレーションの効率化、③スマートファクトリーの実現に分類されます。こうしたものづくりにおける実績が評価され、現在は農業や医療の現場など、ものづくりの枠を超えた利用が既に行われています。こうした動きは、ORiNがさまざまな電子機器への汎用的な利用が可能であることを証明しています。


  • 第一次産業
    例)農業オートメーション

  • 第二次産業
    例)ファクトリーオートメーション
      アプリケーション開発

  • 第三次産業
    例)スマート手術室/未来医療