ORiNとは活躍領域

様々な領域で活躍するORiN


つなぐ負担の低減により、「あらゆる現場」の課題解決が加速する。

規格の異なる設備同士をつなぐことは非常に難しく、設備のIoT化の障壁になる場合がよくあります。
ORiNなら「つなぐ負担」が大幅に軽減されるため、データ抽出から課題を発見し、具体的な施策を打ち出しながら、IoT化を着実に進めることが可能になります。
工場を越えたシステム連携による生産性の向上をはじめ、海外への設備移転、古い設備の継続利用など、ORiNは「つなぐ」を起点にあらゆる現場の課題解決を後押しします。

つなぐ負担の低減により、「あらゆる現場」の課題解決が加速する。


製造業だけでなく、
第一次産業や医療など様々な領域でも活躍。

ORiNの活躍領域は無限大。FA設備以外にも、スマート農業やスマート治療室などで活用されています。
今後も対応する規格を増やしながら世界に広がりつづけていきます。

  • 工場
    工 場

    製造工場におけるIoT化やファクトリーオートメーションに貢献。
    各工程で使用される多様な機器を効率的に接続し生産性向上を図る。

  • 医療
    医 療

    手術室内の各種医療機器をネットワーク化。各機種から情報を吸い上げ、
    大型ディスプレイで統合表示することで手術者をサポート。

  • 農場
    農 場

    農工連携による栽培管理システムを開発。生産のみならず販売領域
    にもクラウド管理を導入し、新市場の開拓、農業の発展に寄与。

  • 開発
    開 発

    アプリケーション開発を効率化。システム構築が容易になるため、開発期間
    の短縮と品質向上が可能に。稼働状況の分析や故障解析にも貢献。