設立趣意

近年、パソコンの進歩やインターネットの急速な普及により、工場内においてもITを活用した変革が加速しています。工場の自動化の重要な位置を占める産業 用ロボットを始めとする産業用機器もネットワーク対応が一般的となり、コントローラが管理するデータのモニタリングによる生産管理、設備診断などが可能と なりました。しかしながら、ロボット~パソコン間を接続するネットワーク仕様(メディア、プロトコルなど)やこれらを利用する仕組み(通信手段を呼び出す ためのAPI仕様など)は、使用するロボットメーカー毎に固有なものであり、異なる通信仕様のロボットを複合させたロボットシステムの構築には多大のコス トと手間を要していました。

この様な背景の下、ORiN(Open Resource Interface for the Network/Open Robot Interface for the Network)はネットワーク環境において異なるメーカーや機種を超え、ロボットへの統一的なアクセス手段を提供するオープンなインタフェースとして、 国内主要ロボットメーカーにより98年度より開発がスタートしました。翌年99年度からはNEDOの3ヵ年プロジェクトとして、日本ロボット工業会 (JARA)のオープンロボットネットワークインタフェース開発専門委員会が主体となり開発を進め、1999国際ロボット展、2001国際ロボット展にお ける実証試験を経て、2002年3月に実用性を高めたORiN Ver1.0仕様を制定すると共に、Ver1.0仕様に準拠したORiNソフトウェアの開発を完了しました。

ORiNは、アプリケーションソフトから呼び出すコントローラ内データに対するアクセス・インタフェース仕様(API= Application Program Interface)とデータ仕様を共通化します。ORiNはロボットを最初の適用対象としましたが、当初から幅広い産業用装置を適用対象とする”緩やか な標準化”のコンセプトの下で開発を進めたことにより、メーカー、装置、通信手段の違いを超え、アプリケーションソフトから統一的に装置内データにアクセ スし、取扱いを可能とすることに世界に先駆けて成功しました。これにより、サードパーティーによる多様なアプリケーションソフト開発、マルチベンダシステ ム構築の活発化が期待されます。また、経済効果として、製造競争力のアップ、FA市場の拡大、FA市場へのソフト産業の進出、FAエンジニアリング産業の 創生などが期待されます。

ORiN Ver1.0仕様の制定を機に、数多くのメリットを持つORiNを幅広く活用して頂くため、開発当初から関わってきたメンバーを中心に準備を行い、 2002年10月、ORiNの普及・啓蒙及び時代のニーズに対応した改良を目的に、(社)日本ロボット工業会内にORiN協議会を設立いたしました。